人工透析、リハビリテーションを中心に、患者様の立場に立って考える医療 医療法人大空札幌南病院

病院概要

ごあいさつ

人工透析や長期療養の患者さんを支えていきます。

医療法人 大空 札幌南病院長 小松本正志
院長略歴
小松本 正志(こまつもと まさし)
北海道大学医学部卒業
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会認定医

当院は、人工透析を必要としている患者さんが病床数の半分以上を占め、隣にあるサービス付高齢者向け住宅などから外来でいらっしゃる患者さんも含め、透析患者さんの治療がいちばん大きな使命となっています。また、慢性期病院として長期の入院に対応し、患者さんが落ち着いて療養できる環境をつくっています。

常に患者さんの立場に立って、信頼を築くことが大切です。

そうした長期入院や療養生活を支え、的確で効果のある医療を実現していくために、私たちは常に患者さんの立場に立ってものごとを考え、行動し、患者さんやご家族との間に信頼を築いていくことが大切だと思っています。医学的知識はもちろん大事ですが、患者さんと常に接すること、患者さん本人をきちんと診察し、観察することがもっとも大事なのです。
患者さんの中には、お年寄りも多く、話が通じなかったり、寝たきりの患者さんもいます。そういう人にも、やはり話しかけること、さわることが大事なんです。そうしていれば、こちらの気持ちも伝わっていく。それは、患者さんやご家族と、いかにしてコミュニケーションを取っていくかということでもあるわけです。患者さんと目線を合わせるということが、私の医療における理念であり、基本的な考え方として職員に徹底しています。
患者さんは、病院とか医者に対して堅苦しいイメージを持たれている方が多いと思いますが、もっと気軽に、どんなことでも話しかけていただきたいと思います。そうして、患者さんと親しくなること、うち解けること、ご家族といっぱいお話しをすることで、そこに信頼が生まれ、医療が成り立っていくものだと信じています。

リハビリテーションで、自ら治そうとする気持ちに応えます。

患者さんにお願いしたいのは、病気を自分から治そう、克服しようという気持ちを強く持っていただきたいということです。私たちは、それを支え、援助していくために、リハビリテーションにも力を入れています。特に、日常生活の基本である食べること、歩くことを中心としたさまざまなリハビリテーションを実践し、機能回復に向けた取り組みを行っていきます。
リハビリが必要な透析患者さんは多くいますが、人工透析とリハビリテーションの両方に対応している病院は少ないため、患者さんの負担軽減にも一役を担っています。
こうして、人工透析とリハビリテーションを二つの大きな柱として、私たちは患者さんの気持ちに寄り添って療養を手助けし、地域における慢性期病院の中核として地域医療に貢献していきます。


基本方針

地域に信頼される病院づくり

地域に信頼される病院づくり

私たち札幌南病院の職員は、やさしさと思いやりのある温かい心で、患者様の人権を尊重した医療を実践し、地域に信頼される病院づくりを目指します。

基本方針
  1. 患者様の人権と意思を尊重し、安心・安全・信頼・ご満足頂ける医療サービスを実践して参ります。
  2. 高度な知識と技術の研鑚を深めると共に、人間性豊かな医療人を目指し努力して参ります。
  3. 地域の医療機関と連携し、地域医療の充実と発展に努めて参ります。
  4. 経営健全化のため、効率的運営を図って参ります。

病院概要

  1. 開設
    平成23年4月1日
  2. 開設者
    小松本正志
  3. 病院管理者
    小松本正志
  4. 診療科目
    内科、人工透析内科、リハビリテーション科
  5. 病床数
    100床
  6. 一般病床(障害者施設等)
    50床
  7. 医療療養病床数
    50床
  8. 人工透析
    40床
  9. 診療時間
    平日 午前9:00~17:00
    土・日・祝祭日・年末年始休診

TEL:011-591-1200

関連施設



医療法人 大空グループ

  • サービス付高齢者向け住宅ファミリードクターズホーム札幌南

提携機関





診療のご案内

医療法人大空 札幌南病院

医療法人大空 札幌南病院

〒005-0850
札幌市南区石山東7丁目1-28

TEL:011-591-1200

診療科目
  • 内科
  • 人工透析内科
  • リハビリテーション科
診療時間

診療時間

土曜・日曜・祝祭日・年末年始休診


ページ先頭へ戻る